「見出し問題」や「ゾーニング問題」LGBTをめぐる報道が抱える課題とは

「公的な申請書から性別記入欄を削除、LGBTへの配慮」「LGBT公表の議員が当選」 この2つの記事の見出しには…

Continue Reading

1

「死を思いながら、マイムマイムを踊ろう」70歳のゲイが提案する老後の生き方

「男同士のパートナーシップにこだわって生きてきました」 そう語るのは、新宿でバー「TAC’S KNOT」を営む…

Continue Reading

セックスと真面目に向き合う。「SRHR(性と生殖の健康と権利)」の活動を支援する基金設立。

今年の梅毒の患者数が6000人を超えた。若年層を中心に増加しており、年間6000人を超えたのは1970年以来だ…

Continue Reading

1

全国27の自治体で「パートナーシップ制度」導入を一斉に請願

同性カップルを公的に認める「パートナーシップ制度」の導入を、27の自治体で当事者の住民らがそれぞれの議会に一斉…

Continue Reading

「ホモ」と言ったら法律で罰せられる?差別を法律で禁止するとは

望んで誰かを「差別」したいと思っている人は多くはないだろう。それでも差別というものは、ひとりひとりの無意識の蓄…

Continue Reading

3

札幌、仙台、富山、福岡の事例から「LGBTも暮らしやすい街づくり」を考える

2015年に渋谷区と世田谷区で同性パートナーシップ制度がスタートして以降、今までに7つの自治体で同様の制度が施…

Continue Reading

3

「性に悩みがない子でも読んでほしい」LGBTを切り口に「ふつう」を問いなおす本が発売

「男の子は女の子を好きになることがふつうだ」。「ふつう女の子は男の子の格好はしないよ」。この”ふつう”という言…

Continue Reading

3

LGBTではなく、なぜ「SOGI」なのか?人権という視点から、人間を人間として見るという「あたりまえ」を取り戻す

SOGIという言葉がある。これは、どの性別を好きになるか/ならないかを表す「性的指向(Sexual Orien…

Continue Reading